映画館でレイトショー

logo_a

最近、映画館で立て続けに「君の名は。」と「傷物語Ⅱ」を鑑賞しました。

2本ともレイトショーで鑑賞したのだが、深夜の映画館って最高ですね。

「君の名は。」は大ヒット作ということもあり、レイトショーでも満席状態でしたが、だいたいの映画はのんびり広々見れますし、まるで自宅のリビングにいるかのような快適さですよね。

「君の名は。」は記録的な大ヒット中らしく、確かに絵も綺麗で爽やかな気持ちになりました。

これは僕の中のあるあるなんですが、映画館にたまに行くと、

「やっぱり映画館っていいなあ、月に2,3回は来たいなあ」

なんて思うんですが、時間がたてばついつい忘れてしまい、もう半年は行ってないなってなっちゃいがちです。

なかなか頻繁には足を運べない。

周りの人間もそれほどしょっちゅう行ってる人は多くはないかなあ。

邦画なんかも興行的には軒並み、大苦戦しているようですし。

理由として、やっぱり映画館のチケットは高いですよね。

学生一枚1500円だとして、高校生の男子が女の子を誘ったら3000円。

そんでさらにはなんですか、あのジュースとポップコーンの高さ!

異常に量多いし!

これだけでざっと5000円近く!

ご飯でも帰りに食べようよなんてなったら、そりゃお金のない男子学生は誘いづらいですよね。

もちろん、色々あってのお値段なんでしょうけど、作ってる方たちはとにかく多くの人に見てもらいたいでしょうしね。

1000円だったら、皆もっと行きますよね?

ってこんな話、ずっと出てるんでしょうね。

ネットに押されがちな映画を復活させるため、なんとか映画館1000円を!

誰に言ったらいいかもよくわからないけど、未来の映画界のためにも、1000円でお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です