ある声優さんのライブに行った

logo_a

先日、ある声優さんのライブに足を運んだ。

その声優さんは数々の人気アニメに出演している他、アイドルとしても大活躍中なのである。

私は数年前からすっかりアニメにハマり、少しづつではあるが有名ドコロの声優さんは名前も覚えてきた。

とにかく声優さんの人気はすごい。

ライブで数万人を動員し、中にはドームを満員にする声優さんもいる。

私どもの世代としては考えられない状況だ。

80年代、知っている声優さんは

ドラえもんの大山のぶ代さん、

キン肉マン、北斗の拳のケンシロウの神谷明さん、

ゴッドマーズやサモハンキンポーの水島裕さんくらいだった気がする。

当時では、本当に今の状況は考えつかなかった。

若くて可愛い、或いはイケメンの声優さんが歌って踊って、ファンも一緒に踊って大声を出し、熱狂する。

本当にすごい熱気であった。

当時は当時で、こういう事も行われていたのだろうか?

いや、おそらくは無いであろう。

「うおおお!のぶのぶ〜!!」

「きゃあ〜!あきら〜!」

といった感じの人気ではなかった気がする。

あっても違和感を感じる。

とにかく若い子と話すと、アニメや声優さんに詳しい人が多い。

これは一時の流行りなのか、これから定着していくのか。

中学生高校生も将来の夢は声優さんって子が増えているらしいし。

でも、一般的な知名度はそれほど高くない。

不思議な現象である。

そう考えると純粋にテレビが生んだ、最後のアイドルスターがSMAPだったのではないだろうか。

ユーチューバーとか、色んな分野の色んな方たちが活躍できるようになったのは面白いけど、唯一無二のスターはなかなか生まれてこなくなるのだろう。

そういった意味でもSMAP、解散しないでほしいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です