サウナでの出来事

logo_a

先日、男性三人で都心のサウナに行った。

例によって中年男性三人でストイックに自分を追い込み、水風呂で一気に体を冷やし、頭をクラクラさせるという、体に良いのか悪いのかよくわからない恒例の儀式を繰り返していた。

談笑しながら何度目かのサウナを楽しんでいると、我々の目に衝撃の光景が飛び込んできた。

なんとサウナに一人の可愛らしい女性が入室してきたのだ!!

声にこそ出さなかったものの、談笑中の我々の中で明らかに「えーーーーー!!」という空気が流れた。

我々は混乱しながらも、タオルで体の一部を隠しつつ着席しようとしているその女性の全身をチェックした。

あまり凝視してしまうと失礼になってしまうため、平静を装い、いたって普通な感じを出しながらクールにである。

もちろん、時間にしたら1.2秒、日頃から見てみぬふりをしたりして生きている我々の努力の賜物である。

その数秒の戦いの間に、我々はある程度、事態を理解した。

その方は男性であったのである。

髪は綺麗で長く、顔もとても女性的で可愛らしく、お胸もとても膨よかで、

そして、その、下の方はしっかりとしたモノをお持ちでらっしゃったのである。

その女性が、いやその男性が、着席するも我々は気が気でない。

ごく普通の談笑をしつつ、ふう暑い…と白々しいセリフを吐きながら、チラリとその方を見るという高度な技術を駆使した。

我々以外のお客様も数名いたが、明らかに室内の空気は変わり、皆、心なしかどこかドキドキしていた。

その方は、少し恥じらいながらお胸などを隠しながらサウナを楽しんでいらっしゃった。

正直、凄まじいエロカワっぷりであった。

本当に、そんなジロジロとおっさんに見られたらご本人も不快であろうし、とても失礼なのは承知しているのであるが…

とても可愛らしいのである!!

特にその出来事について話すこともなく我々はサウナを出て、施設内のレストランでお酒を飲み始めた。

当然、話題はその出来事に集中した。

皆、似たような見解を持っていた。

「すごく可愛かった」「複雑な感情になった」「サウナを楽しんでらっしゃるだけなのにチラチラ見てしまうのは申し訳ないがついつい見てしまった」

素直な意見である。

そして、気持ちが最も熱く一致したのが、

「エロチックだった」

ということである。

あの出来事が禁断的だったのか、或いはただ男同士がサウナを楽しんだという普通の出来事だったのか、それさえも判断に迷う。

しかし、ただひとつ言えることは、

こんなおっさん三人衆をドキドキさせてくださり、ありがとうございます!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です